こんにちわ、中村です^^

 

今日のテーマは、

「ビジネス始めてみたけどモチベーションが上がりません・・・」

「モチベーションが下がってしまいます・・・」

と言って行動をやめてしまう人は、何が原因なのか?

うまくいく人は、何を考えて常に行動しているのか?

最初からそうだったのか?

今周りで上手くいっている人たちと、まだ上手くいっていない人の考え方の違いについて、最近ハッとしたことがあったので言語化します。

 

モチベーションについてを理解してもらって、ぜひ今のビジネスや仕事に活かしてもらえたら嬉しいです!

 

そもそも、モチベーションとは?

モチベーションとは、人が一定の方向や目標に向かって行動し、それを維持する働きを意味し、「動機づけ」「やる気」とも呼ばれ、人間の行動がいかにして始動し・方向づけられ・維持され・停止していくのか、そしてこれらが進行する過程でどのような反応が人間有機体の内部に生起するのか、を説明するのに考えられた概念であるとされている。

モチベーションは、「外発的動機付け」「内発的動機付け」からなる。外発的動機づけは、「誘因」によって行動を起こさせるものであり、内発的動機づけは「動因」により、モチベーションアップを目指すものである。

 

モチベーションとは、中村的に言えば「動き続けるための燃料」。

その正体は「やる理由」だと思います。

概念とか色々書いてあるけど、まとめて言えばそういうことでしょう!

 

なので、「モチベーションが落ちてしまいます〜」と言ってしまう理由としては、2つあると思っています。

 

 

・そもそも自分の中にモチベーションというものがない。

・モチベーションではなく、テンションが上下しているだけ

 

どういうことかを説明していきます^^

 

そもそもモチベーションが無い。

火がない所に煙は立たずと言いますが(意味違う?w)、燃料がなければ、いくら火をつけても燃やすことはできません。

その燃料になるのが、モチベーションです。

 

先ほども説明しましたが、モチベーションとは、やる理由なわけです。

 

モチベーションが上がりません〜!と言って、行動が全然できない人は、この「やる理由」が明確でない可能性があります。

 

人が動くには、必ず理由があります。

 

・お腹が空いたからご飯を食べる

・綺麗になりたいから、リラックスしたいからお風呂に入る

・痩せて、モテたいからダイエットを頑張る

 

やる理由がなければ、そもそも頑張る必要がないのでやりません。w

 

例えば、

初めてやるダイエットとか食事制限。毎日ご飯食べるときに色々考えて頭を使うし、運動習慣がなかった人にとっては、好きでもない運動をするって結構苦痛だと思うんですよ。

それでも、達成したい目標やなりたい姿があるから頑張れる。

 

 

例えば、めんどくさい作業をやる時。

 

特に、アフィリエイトや物販などをやっている人は分かるかもしれませんが、ひたすらリサーチや記事の量産、梱包作業など・・・

めんどくさ!って思うことが多いです。w

 

でも、

「これをやることで少しでも収入を増やすことができるから、今まで我慢していたことができるようになる・・!」

「頑張ることでスキルを得て行けば、もし独立したいとなっても食いっぱぐれずに自分のやりたいことを仕事にできる・・・!」

得られるものがある、自分のなりたい姿に近づける!と思うから一生懸命取り組むわけでして。

 

ここで言うモチベーションは、いわゆる「目標」や「ビジョン」になります。

このモチベーション(やる理由)が明確になっているか?ということを再度見直してみると良いかもしれません!

 

モチベーションではなく、テンションが上下している

どういうことかと言いますと、

上記のモチベーション(やる理由)はそれなりにしっかりしているはず。

 

でも、できない時がある・・・

 

それは、テンションの上下で動いたり、動かなかったりしているのかもしれません

 

つまり、物事の結果に一喜一憂してしまうということ。

 

始めたての頃はテンションの上下があります。

 

うまくいっている時はテンションが上がって行動できるけど、うまくいっていない時は落ち込んでやる気が出ない・・・

 

これが成功する人・しない人の相違点です。

 

自分に自信を持っている人やマインドが強い人は、モチベーションがしっかりしていれば悩むことなく、目の前のことを淡々と取り組み続けます。

実際に、私の周りで早く成功できている人たちって、感情に流されずに今必要なことを淡々と、黙々とこなせる人たちです。

 

私は、このマインド(心)を高めるのに時間が掛かりました。

(今でもまだポンコツだなぁと言われることが多いです)

 

要するに自分のメンタルコントロールができるか。

 

このテンションをコントロールする方法については、またどこかで記事にします。

(まあ、でも一番大事なのはモチベーションなんですけどね。)

 

そして、モチベーションと言われるものは、自分が成長していくごとに変わっていくものだと感じています。

 

モチベーション=自分がやり続ける理由

とまあ、色々書いてきましたけど、結局モチベーションの正体って「やる理由」ですよ。

だからこそ、考えて欲しいのは毎回毎回、モチベーションってのは変化していくということ。

 

私がビジネス始めたての頃のモチベーションは何だったかというと、

「もっとお金を稼ぎたい!」

「もっと自分を成長させたい!」

この2つが大きかったです。

 

でも、始めたてはどちらかと言えば、前者。

だから落ち込むし、悩む。

 

今は、後者が強い。

だから、落ち込むことは減ったし、何があっても続ける自信がある。

 

どうして、このような考えが起こるのか?、下で説明します。

 

モチベーションにも種類がある。

 

先ほどで言えば、

「もっとお金を稼ぎたい!」

「もっと自分を成長させたい!」

 

この2つ、モチベーションの種類が違います。

 

知っている方も多いと思いますが、

「外発的動機付け」「内発的動機付け」この2つに分けられます。

 

以下、説明していきます!

 

外発的動機付けとは?

外発的動機付けは行動の要因が評価・賞罰・強制などの人為的な刺激によるものであるという考え方
一般的には、外発的動機付けの効果は一時的であり、人格的成長には必ずしもつながらないという見解があるが、外発的動機付けによって行動をしているうちに、次第に興味・関心が生まれ内発的動機付けへと変化していくこともあると言われる。

 

要するに、やる理由を外に求めることです。

人は何か報酬があると、やってやるぜ!という気になりますが、上記の例で言えば「お金稼ぎたい!」は外発的理由になります。

 

例えば、

勉強したくない・・・。もっと遊んでたい・・・。

そこでお母さんは、子供に言いました。

「来月のテストで100点取れたら、ディズニーランドに連れてってあげるよ!」

 

子供は俄然やる気になりました。

 

 

これです。w

 

 

例えば、今月は月収30万いくぜ!とか。

 

私が思うには何かを始める最初の一歩って、一番エネルギーがいるじゃないですか。

だからこそ、この外発的動機を使うのは適していると思うんですね。

 

 

私がビジネス始めたての頃は、ここをやる理由にして踏ん張っていました。

 

でも、この外発的動機付けだけで動き続けようとすると、デメリットもあります。

 

 

それが、

・達成できなかった時、うまくいかないと落ち込みやすい。

・達成できた後に燃え尽き症候群になりやすいこと。

 

どういうことかというと、

これは経験談なのですが、報酬がもらえなかった場合は落ち込みやすかったり、行動しにくくなってしまうことがあります。

 

外的要因に依存すると、報酬がなければ動けない自分になり得るということ。

 

例えば、ビジネスを頑張っていても利益が出ない時だってあります。

特に最初の数ヶ月。スランプみたいな時もあるし、ずっと安定的に収益を出せるまでにはそれなりに時間が掛かるものです。

 

なので、モチベーションを外発的動機だけにしてしまうと、

この例でいえば 利益が出ない=頑張る理由がない

となってしまいます。

 

 

また、達成できた後に燃え尽き症候群にやりやすいことについて。

 

例えば、

100万稼ぎました!って人に多い気がしますが、

「なんのために自分は頑張っているんだろう・・?」

「次の目標どうしよっかな・・?」

ってなる可能性があること。

 

下記で説明する「内発的動機付けがない人」は、これに陥りやすいと思います。

 

なので、外発的動機付けをして動いていく中で、

必ず内発的動機付けをしていく必要があるのかな(本気で取り組んでいれば、自然に生まれてくるもの)と思います。

 

 

内発的動機付けとは?

内面に沸き起こった興味・関心や意欲に動機づけられている状態のこと。動機づけの要因は金銭や食べ物、名誉など、外から与えられる外的報酬に基づかないものを指す。社会心理学者のデジによれば、内発的動機付けには有能感と自己決定感が強く影響するという。つまり人は、仕事をする中で「能力を発揮できている」という感覚がある時、また、「自分自身で目的を定め、計画を立て、実行している」という感覚があるときに、内発的動機を得やすいといえる。

 

これは、自分自身の中にある動機付け、やる理由です。

 

要するに、

「自分のビジネスや仕事で誰かに貢献できている」とか

「このビジネス・仕事自体が好きだ」とか。

 

「もっと極めていきたい、自分を成長させたい!」とか。

 

こういう、自分の中から沸き起こる動機のことを指します。

 

例えば、

勉強はめんどくさいのに、テレビゲームは楽しんで何時間も寝ずにやれたり。

入職当時は面倒だなぁなんて思っていたけど、お客様の笑顔をみれたり、プロジェクトが終わった後の爽快感と達成感が好きだから、仕事をもっと頑張りたいと思えるとか。

 

バスケがもっとうまくなりたいとか。

 

ビジネスで言えば、

最初は月収100万到達するぞ!が目的だったとしても

 

いつのまにか、

「もっと数字をあげれば、教え子にもっと教えられることが増える!」とか、

「もっと自分が成長すれば、たくさんの人に貢献できるようになる!」とか、

「もっとこの先のステージで、まだ見ぬ世界を見たい!」とか。

 

お金・時間<成長

に切り替わるんです。

 

この内発的動機付けで動いていない人は、外的な要因に簡単に左右されます。

 

それがよくある、「こっちのビジネスモデルが稼げるから、こっちやろうよ!」ですね。

色々な情報に踊らされて、詐欺に遭いやすい人ですw

 

 

まあつまり、何が言いたいかというと、

 

この内発的動機付けができれば、落ちる必要がなくなります。

たとえ行動して失敗しても、それは必ず今後に繋がっていくから。

ブレなくなります。本質を見れるようになります。

 

 

今成功している人、すぐに成功できると言われている人は、この内発的動機付けが強いのだと思います。

最初から強くて明確な人もいれば、少し弱くて不明確な人もいる。

今はまだ結果が出ていないし、動けていないんです。。という人も落ち込まないでくださいw

 

初めから内発的動機だけで動けない人もいるわけです。

それが過去の私ですw

変わりたいんだけど、上手く行動しきれなかった。

なので、外発的動機付けを上手く利用しながら、内発的動機付けを強めていきました。

 

モチベーションも進化する。

モチベーションがというより、自分が進化しているからだと思いますけどね。

 

最初から社会貢献だ!とか偉業を唱えている人もいますが、私はそんなに大層な人間ではないものでして。

 

でも、入り口はお金や時間という外発的動機でスタートしたとしても、

目の前のことを本気で取り組み続けていれば、必ず見えてくるものがあります。

 

自分が進化していくからです。

 

やる理由は変わっていきます。

 

成功している人が持っている考えって、

お金と時間を得るだけじゃなくて、もっと成長したい!ってことなのかと思います。

 

 

自分の成長は何か?

自分はなぜ今の取り組みを続けているのか?

自分は何が好きなのか?

自分はこれからどうなっていきたいか?

 

3年先は?

 

10年先は?

 

30年先は?

 

50年先は?

 

100年先は?

 

こうやって、どんどんスケールが大きくなっていくのだと思います。

 

いわゆるモチベーションという概念は自分の理念や信念に置き換わるのかな、と。

 

直近で関わっている方々を見ていて、ひしひし感じます。

私はまだまだヒヨッコではありますけど、自分の中で上記のことを考えたりしています。

でも、こういった在り方をもっともっと追求していかんとな、と思っております。。

 

 

ということで、まとめ。

今日は、モチベーションについてをテーマでお話させてもらいました。

 

モチベーションとは、やる理由。

行動する燃料のようなものです。

 

やる理由が明確であればあるほどに、行動量は上がります。

気持ちのブレがありません。

 

モチベーションは上下しません。上下するのはテンションです。

 

モチベーションには、外発的動機付け・内発的動機付けの2つかあります。

 

初心者であれば、外発的動機付けを上手く使って、自分を動かしていくのもいいかもしれません。

でも、いつまでたっても外発的動機付けに依存するのではなく、自分の中の動機、いわゆる内発的動機付けが大事です。

それは、最初はぼんやりと成長したい!だけでもいいし、ここが好きだな、とかなんでもいいんです。

 

目の前のことを本気でやり続けていれば、必ず見えてくるものがあります。

 

だから、自分が進化していけば、モチベーションは変化します。

 

どんな自分になりたいのかを常に考えていけば、自ずと

お金・時間<成長

ここに行き着くのかな、と思っています。

 

ということで、最近思ったことを言語化してみました。

 

以上!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事