おはようございます、今日もいい日ですね^^

 

最近、初対面の人から、

にゃんこスターのアンゴラ村長に似ているよね!大塚愛踊ってよ!
と言われることが多いです。

 

他にも、

瀧本美織に似てるよね!

高木美帆っぽいよね!

志田未来を何かと足して2で割った感じだね!

 

んん?それは喜んでいいのか・・?

複雑な気持ちになりますが・・・

 

少なくとも、ブスではなさそうだな。。

という気になりました。

言われれば言われるほど、

「そんな気もするかもしれない」

 

と思うようになってきました!!!!

今日は、その「言葉の力」をテーマにサクッとお話していこうと思います。

 

これが理解できると、

自分の無意識をコントロールできるようになってきます。

 

普段、どんな言葉を思い浮かべるか?

例えば、あなたはプレゼンが苦手だとします。

 

今日の朝、上司にいきなり

「来週、部署の人たち全員に向けて企画のプレゼンをしてくれ」

と言われたとしましょう。

 

どんな言葉を思い浮かべるでしょうか?

 

 

「自分はプレゼンなんて苦手だし」

「できっこないよ」

「恥をかきたくない」

 

こう思っていたら、

無意識にそういう行動をとっていきます。

 

「恥をかかないように・・・」

「自分は下手くそだから完成度の高いものは作れない・・
自分の能力がこれが精一杯だ。これぐらいが妥当だろう」

 

じゃあ、逆に

 

「プレゼンきた!これはチャンスだ!」

「自分なら絶対にできる!」

「このプレゼンで自分を知ってもらおう」

 

そう思った瞬間、

「どうこのチャンスをモノにしようか?」

と考えるはずです。

 

そして、そのための行動を取り始めます。

 

自分の言葉と行動は直結する

もう少し、詳しく説明していくと、

自分が発した言葉、想像した言葉というのは、

"無意識"のうちに脳に送り込まれています。

 

なので、プラスの言葉を使えばプラスの行動を起こすし、

マイナスの言葉を使えばマイナスの行動を起こしていきます。

 

なぜそういう状態が起きるかというと、

 

 

脳は言葉を記憶するから。

 

なので、その記憶や経験から「自分の現状を捉える」ようになります。

 

と言うことは、

冒頭のようなマイナスな言葉を発したり、考えることによって、

 

 

「自分はプレゼンが苦手な人間だ」

と脳に意識させてしまい、

「あ、自分はプレゼンが苦手な人間なんだ!

今はピンチの状態なんだ!

じゃあ、プレゼンが苦手でピンチの状態の自分でいなきゃ!」

と無意識に、

自分が発した・思い描いた状態の

自分を作る為の行動をするようになります。

 

 

う〜ん、

じゃあどうすればいいのか?

 

意外と簡単です。

 

 

勘がいい方は、もうお気づきになっていると思いますが、

 

 

使う言葉を変えてください!

 

 

自分がなりたい人が使っている言葉を使おう。

どういうことかというと、

あなたはプレゼンが苦手だとしても

「プレゼンが得意な人」になってください。

 

それを前提に考えた時に、

そんな人が使う言葉ってどんなだろう?を考える。

 

「あ〜苦手だな〜恥かいたらどうしよう?」

なんてまず思わないでしょう。w

 

「よし、今回もいいプレゼン作るぞ〜!」

「どうやったらみんなが動けるプレゼンを作れるかな?」

「どうやって伝わりやすい内容や資料にしようか」

 

そんなことを言ったり、考えると思います。

 

なりたい人になれ!っていうと、曖昧で難しいけれど、

 

まずは、自分が今りたい人が使っている言葉を使うこと

 

 

これを意識してみてください。

 

脳は言葉を記憶しますので、

その言葉を使っていくことで無意識に考えたことが行動に移っていくはずです。

 

何事もそうですが、

こういう人間だから・・・

こういう性格だから・・・

 

と思うと、成長はそこで止まってしまいます。

 

大事なのは、どうしてその現象が起こっているかを紐解いていくことで

解決策って案外見つかったりします。

 

そうやって、メンタルや思考も少しずつ強化していきましょう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ブログを更新したら通知します^^
ブログでは話さない内容や秘蔵コンテンツ等も配信予定です〜。
お気軽に登録どうぞ!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事