どうも、中村です。

ブログ、何回も立ち上げて潰して、立ち上げて潰してって繰り返してたんですけど、
やっと落ち着きそうです。笑

ひっそりと自分の想いを発信したり、日々のアウトプット・ノウハウの整理などを
このブログで行って行こうかな、と思っております。

私はビジネスを始めてから人生がぐるっと大きく変わりました。

なので、人生構成要素としての割合を大きく占めていますw

だって、自分で自分の人生が作れるようになってくんだもんね。
楽しくて仕方ないですよ。もちろん辛いこともあるけれど。

ただ理学療法士をしてるだけじゃ知り得なかったこと、
できなかったことができるようになっていく感覚!快感!

多分、わたしは変人なのでしょう。
だけど、ヲタクと呼ばれていいのは本物のヲタクだけ!
的な感じで、わたしは本物から見れば、まだまだ凡人です。

そんな凡人が進化していく日々を大公開するのがこのブログ。
同じような方の励みになったら超絶嬉しいです。

また、ビジネスを全く知らない方、初心者の方でもビジネスって楽しそう!
やってみたい!というキッカケになったらなぁとか、
今ビジネスで成果が出てなくてムズムズしている方には、
よっしゃ頑張ろう!とか、この方法試してみよう!と思える何かキッカケを
提供できたら嬉しいと密かに思って、書き綴っています。

あとは、日々の物事の捉え方とか、
自信の付け方とかね。

わたしはもともと自己肯定感がものっそい低めなので、
どうやって自分に自信が持てるようになっていったのか?など、
考え方とかその過程についてもお話できたらな、と思います。

 

 

ということで。
初回なので、私のビジネスのきっかけなどを簡単に書いてみようと思います^^

 

わたしがビジネスを始めた理由。

わたしがなぜ、ビジネスを始めたのか?

そんなの理由は単純で、「お金が欲しかったから」に他なりません。

以上!

 

・・・嘘ですww

いえ、半分嘘。今となって説明できることなのですが、
あの頃のわたし(始めたての頃)は、ビジネスを行っていく理由をちゃんと説明できませんでした。

ただただ、お金があればなんでもできる!だからお金欲しい!自由になりたい!と思って
ビジネスをスタートさせました。

今の日本は資本主義っていう制度だから、
お金がなければ好きなことができない世の中なんです。世知辛いですよね。。。

 

今のわたしがビジネスをしている理由は、お金よりも大切なものを得るためです。

報酬がもらえなかったとしても、今やっていることは続けたい、そう思う理由もあります。
だけど、それを理解できるまで時間が掛かりました。

 

わたしがビジネスを始めるに至った背景を、少しだけお話させてください。

 

わたしの育った家庭は、ごくごく普通の家庭でしたが、
両親共にバリバリ働いていて、帰ってくるのは遅く、
おじいちゃんが毎日ご飯を作ってくれていました。

生活するには困らなかったけど、裕福って訳ではなかったので
欲しいものは結構我慢してた。

だから、好きなものを好きな時に買ってもらえている友達がすごく羨ましかったです。

そんな中でも、ずっとバスケットを小学校からやらせてもらえて、
その流れで理学療法士になりたい!とわがまま言った時も、
最初はめちゃくちゃ喧嘩にはなりましたが、
なんとかお金を工面してくれて、学校にも行かせてくれました。

なりたかった理学療法士にもなることができました。

なんだかんだ好きなことをして生きてるなぁ〜って思います。
わたしは昔から我が強くって、親の言いなりには絶対ならない子だったと思いますw
本当に両親には感謝しています。

 

だからこそ、いつも喧嘩になっていました。

喧嘩のタネになるのは、いつも「お金」のこと。

わたしはやりたいことが沢山あった。
その障壁になるのは、いつもお金だった。

「お金が無いから無理」「お金が無いから安い方にして」
「お金が無いから諦めなさい」
「お金無いから・・・・・」

このフレーズ、大っ嫌いでした。

いつも、お金お金・・・

何をするにしてもお金。

もっと広いお部屋に住みたいな〜
もっと可愛い服が着たいな〜
もっと色々なところに出かけたいな〜

多分、そんな欲を持つから辛くなっていたんだと思う。
自分の置かれている現状を理解して、
それなりのことを望めばよかったのかもしれない。

目の前の幸せに浸れていればよかったのかもしれない。

でも、欲しいものは欲しいし、やりたいことはやりたいんだ!

その想いはなぜか強かった。。。ジャイアン気質w

 

高校生になり、部活を引退したと同時にバイトを2つ始めました。

少しでも学費の足しに、と思い、18の時は毎日バイト漬け。

 

そんなこんなで、理学療法士の専門学校へ行き、無事に関東のリハビリ病院へ就職。

そこで社会人になり、安定して楽しく生活できると思っていました。

仕事も楽しい、人間関係も良好、彼氏もできて毎日ハッピー!と思っていました。

確かに毎日ハッピーだった。

だけど、社会人4年目。仕事も慣れてきて、
安定した生活を送っている矢先、どんどんお金が減っていることに気付きました。

正直、昇給は殆ど無いけれど、年々生活水準や出費が増えていました。

というのも、毎月勉強会に行ったり、書籍を買い占めたり、
勉強会代・書籍代でかなり出費が嵩むようになっていました。

毎月、学費ローンと奨学金の返済もあって、
自由に使えるお金なんてあまりなかったものでw

また、デートや交際費でそれなりにお金を使うようになった。

当時付き合っていた彼と結婚を考えた時、今の収入で満足した生活できるんか?って思いました。

 

職場の先輩がいう、おこづかい制とか絶対嫌でした。w

そこから、副業というものを考え始めました。

確かにそこそこの生活はできると思う・・・

・でも、子供ができたら?

・これからAIに職が奪われるとか言われてるし、なんか不安

・お金があったらもっと実家にも帰れる

・もっとやりたいことができるかも

最初は、本当そんな感じ。

 

ネットで探したけど、「コピペで月収100万円!」

「これに登録すれば毎月講座に10万円が振り込まれる!今すぐ登録!」

そんなのばっかり。。。(苦笑)

アフィリエイト、転売、株・・・

ネットで見ててもよくわからないし、怪しい。

 

そんなこんなしているうちに、当時の彼と色々あって、同棲解消して結局お別れ。

そこから、引き寄せるようにネットワークビジネスの話が舞い込んできました。

ネットワークビジネス?ネズミ講?

そんな誤解があると思うので、少し説明を。

ネットワークビジネス=マルチレベルレベルマーケティング・マルチ商法

主に口コミによって商品を販売していき、それと同時に購入者を「販売員(ディストリビューター)」として起用していきます。
また、その販売員は、さらに別の人を販売員として勧誘していき、「多階層(ピラミッド型)の販売員組織」を形成していきます。

このようにして、商品を販売していくモデルを「ネットワークビジネス」といいます。
また、別名として「MLM(マルチレベルマーケティング)」や「マルチ商法」とも呼びます。

ネットワークビジネスとは?「9つの嘘」を読んで、成功者の話を鵜呑みにするのは危険と感じた事についてより引用。)

ネットワークビジネスっていうのは、上記の販売形態を取っているビジネスモデルのことで、

アム○ェイやニュー○キン、モデー○など、今だと日本でも2000社以上の会社が
このビジネスモデルで商品を販売しています。ちゃんと合法であって、詐欺でも何でもないんですよ。笑

ただ、人によっては詐欺まがいなことをしているのも事実。

ネットワークビジネスやMLMと聞くと、「友達を無くす」とか言われているけれど、
当時のわたしは、そもそもネットワークビジネスなんてものは知らなかったので、
とりあえず自由なお金と時間が手に入ることや、知らない世界を見ることができるという
ワクワク感が先行して、初期投資なんて構わずすぐに契約書にサインしました。

商品自体は素晴らしかったし、みんな上昇志向でキラキラしてた。

自分の夢とか色々持っていて、病院でしかコミュニティがなかった自分には、
自分の知らない世界があるってだけで、なんか楽しかったし、
すごい人と出会えて人脈が増えたってだけで、もう稼いでいるような、強くなった気分だった。

 

この時点では、ビジネスをすること=「お金を稼ぐ」ってことしか考えていなかった。

 

で、結局そのあとネットワークビジネスはやめて、
とあるキッカケがあり、リアルとネット両方でアフィリエイト・セールスについて
学びながら実践していくことになるわけです。

このへんについてのお話は、今後追々書いていこうかなって思ってます^^

 

で、ですね。

改めて、中村がビジネスをしている理由って、
ビジネス=自分も相手も幸せになるもの

だからなんですね。

この定義から外れるものは、ビジネスとは認めない。

 

これが軸です。だからビジネスをやってます!

 

当たり前っちゃ当たり前なのですが(苦笑)、
これを自分なりに日々の活動に落とし込んでいくことが、

このブログの役割です!^^

わたしが活動している中でのビジネスに対する気付き、
日々のノウハウ・コンテンツのアウトプット、
マインド・思考についてを細々と発信していきますw

押入れの中で、密かに活動中・・・

 

少しでも、誰かのお役に立てますように。

か〜〜〜〜〜なりざっくりですけど、これからどうぞよろしくお願いします^^

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事