先日までふらり弾丸で東京に出かけていたのですが、とても暑い!

もうすっかり夏ですね・・・

 

でも、気持ちはいつでもホットにいきたいところです。

 

ということで、今日はマインドについてお話してみようかと。

 

 

よく、スポーツをやっていても

ビジネスをやっていても

「気持ちの強さが大事」なんて言葉を耳にするかと思います。

 

確かに何をやるにしても、気の持ちようで変わるので

強いメンタルを持つことが大事。

 

強いメンタル・・・?

そもそも気持ちを強く持つってどういうこと?

 

なんで気持ちを強く持つことが大事なの?

 

 

何のために今の行動を起こしてますか?

まずは、あなたは何のためにそのビジネスや仕事をしていますか?ってことです。

 

気持ちの強さ=想いの強さ

 

ゴールがどこにあるかで、

取り組む姿勢が大きく変わってきます。

 

ここ最近、W杯で大盛り上がりでしたね。

それにちなんで、サッカー選手を例にあげてお話します。

 

高校サッカー界で、有名だった平山相太選手。

あれだけ有名で、オランダのチームへ移籍したものの今は引退して

本物の怪物にはなれなかった!と、テレビやニュースで報道されていました。

オランダ移籍後、なぜ一年でクビになったのか?について、

平山選手は「オランダ語を覚えられなかった」ことが原因だったと。

 

逆に、今は日本代表として大活躍している本田圭佑選手は、高校時代は無名の選手だったそうです。

 

しかし、高校時代から彼は強烈な自信を持っていたそうで、

その時の平山選手には無かった『強い気持ち』を本田選手は持っている。と語っていました。

さらに平山選手退団から3年後、同じくオランダに渡った本田は入団会見で、平山選手が覚えられなかったオランダ語を完璧に披露。

世界と戦う準備ができていた本田を見て「自分はオランダに行く事しか考えていなかった。彼(本田)はその3歩先まで考えていたのかな」と自身との違いを語った。

そして、平山選手が「覚えるのが無理だ」と思った、オランダ語もしっかり話せるようになり、世界でも日本でも大活躍している。

(引用先:サンスポより

 

そんな二人の違いこそ、気持ちの強さに違いが表れていると感じます。

 

 

本田圭佑選手がブレない理由。

本田圭佑選手は、サッカー業界をもっと盛り上げたい、変えたいという強い想いを持っていました。

サッカー選手である他に、エンジェル投資などビジネスも行なっています。

 

 

本田選手は、何かの番組のインタビューで以下のことをお話されていました。

 

"サッカー選手で有名になるのは通過点。

目指すところは、
サッカー界を変える人間。

だからサッカーでビジネスをする。
もっと業界を変えるためには
トップに立たないと。

そのためにまず実績が必要で、
プレイヤーとして認めてもらわなくてはならないと思ったから。"

 

 

平山選手との違いは、もっともっと先を見据えていたこと。

だからどんなことがあってもブレないし、

そこに伴う感情に一喜一憂せず、淡々とゴールに必要な物であれば達成していけるのでは無いか?と思いました。(オランダ語なんて当たり前のように)

そして、社会からサッカー業界を変えたいと思うくらい、サッカーが大好きだと。

 

常に長期的で抽象的なゴールを持つこと。

 

本田選手の例で言えば、

「サッカー業界を変える」という強いゴールが長期的かつ抽象的なゴールと言えます。

 

長期的・抽象的なゴールがある限り、

目の前のことで失敗しても、それぐらいじゃへこたれません。

 

私で言えば、

「大多数に影響力を持つ人間になり、色々な人のやりたいことをできるに変えるお手伝いをすること」

 

そのために今のビジネスを極める必要があって、通過点でしかない。

 

例えば、ビジネスで100万稼ぐとか、脱サラすることは短期的な目標なわけで。

 

そこだけを目標にすると目先の利益に左右されてブレますし、

本田選手みたいな強い気持ちは持てません。

 

 

ブレない強い気持ちとは、明確な抽象・長期的ゴールがあるかどうか。

これによって、だいぶ違うんじゃ無いかな〜と思っております!

 

とりあえず今日はここまで。

では!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事